NBA FAN's-GYM

NBAについて主観的に語ると共に、ダイエット法もご紹介。(旧:NBA選手 ニュース)

来年契約満了のジョージ、憧れのLALへ移籍か

f:id:zwki-178:20170923012933p:plain

 

<事前交渉で違反したLALだが、ジョージの獲得は諦めていない>

1ヶ月程前、LALはタンパリング規定違反で50万ドルの罰金を科されていた。
 
タンパリング規定とは、不正に交渉を行うことを言うが、LALは、今回それを敢行してしまった。
 
内容は、ポール・ジョージ獲得への事前交渉だった。
 
ジョージは、今オフINDからOKCへトレードにより移籍をしていた。
しかし、LALのGMは、ジョージがOKCへ移籍する前にジョージの代理人と事前交渉を行っていたのだ。
 
NBAでは、選手が他チームと契約している間は、選手との交渉は禁じられている。
 
ジョージの場合、INDとの契約が残り1年あった為、LALがジョージとの事前の交渉を行うことは違反になる。
 
その後、OKCにトレードされたジョージだが、LALとの事前交渉ではどのような話をしていたのだろうか。
 
トレード前は、BOSやLAL、CLEなどへ移籍する可能性が高いと噂されていたが、IND側がイースタン・カンファレンスへジョージが所属することを嫌ったのか、ウエスタンカンファレンスであるOKCに放出することを決定した。
 
ジョージの契約は残り1年となっているが、恐らく事前交渉では現在の契約が満了した時点でジョージがFAになるので、その際にLALへ勧誘をするといったような内容だったのか。
 
ジョージのLALへ移籍する可能性が高いのは、ジョージがコービー・ブライアントの大ファンであったことが最も大きいのではないか。
 
ジョージの愛犬の名前をコービーにする程、コービーの大ファンという。
 
コービーは、NBAでの全キャリアをLALに捧げ、先日、コービーが着用していた2つの背番号、8番と24番が永久欠番となることが決定した。
 
1選手で2着永久欠番になったのは過去1度もなく、コービーが異例である。
 
それだけ輝かしい功績を残したコービーに憧れているジョージには、LALというチームは他チームとは比べ物にならないくらい興奮するチームなのではないか。
 
来シーズンは、OKCで1年間闘うことになるが、2018-2019になれば、FAになり、LALへ移籍する可能性は非常に高くなるだろう。
 
LALは、先日、GSWで優勝経験もあるアンドリュー・ボガットと契約している。
 
1年契約のようだが、もし、2018-2019ジョージがLAL入りを果たした場合、ボガットが契約を延長することはあり得る。
 
昨シーズンは、CLEで試合に数秒出場し、怪我で全休した。
この怪我の影響が来シーズンに残るか残らないかを調べるシーズンにもなりそうだ。
 
もし、怪我の影響がなければ、LALはジョージを獲得してからボガットとの契約延長も考えているのではないか。
 
インサイドを守れるリムプロテクターは、スモールラインナップになりつつある現在のLALにとっては不可欠だ。
 
2018-2019は、ジョージとボガットを加え、来シーズンから先発PGとしてロンゾ・ボールも成長してくれるだろう。
 
ボールとジョージが機能してくれれば、LALは再建からプレイオフ争いのできるチームに生まれ変われるかもしれない。
 
ジョージはOKCでラッセル・ウェストブルックとコンビを組むことになるが、ウェストブルックからアシストはあっても、ボールをシェアするとは思えない。
 
ジョージのリズムがこれで崩れてしまうとしたら、OKCにとって大きな痛手になる。
 
昨シーズンは、平均でトリプルダブルの成績を残したウェストブルックだが、来シーズンは、ジョージが加わったことで自身のプレーを抑制することも時には大切になってくるはずだ。
 
ジョージが加入したOKCと、来年のオフのジョージのLAL移籍について、まだまだ早いが注目したい。