NBA FAN's-GYM

NBAについて主観的に語ると共に、ダイエット法もご紹介。(旧:NBA選手 ニュース)

ニュース

MIL、驚きのトレードによるPGの補強以降、4連勝!!

<名門、ケンタッキー大学出身のブレッドソー> PHXは、先日、MILとのトレードにより、ガードのエリック・ブレッドソーを放出する決断を下した。 ブレッドソーは、DENのエマニュエル・ムディエイと交換で放出される可能性もあったが、結果、MILへ移籍すること…

MILの最強秘密兵器、ヤニス・アンテトクンポ

<シーズンMVP最有力候補は、ギリシャ育ちの若手選手> NBAドラフト2013に1巡目15位でMILに指名された選手をご存知だろうか。 NBAドラフト2013でMILがピックした1巡目15位の選手、それがヤニス・アンテトクンポ。 // 2013-2014、19歳のアンテトクンポにとって…

NOP、リーグ1の得点コンビ『ツインタワー』

<スモールラインナップが多い中、ツインタワーで強さを見せる> 2017-2018、大型補強やトレードが多く見られ、主力が入れ替わったチームがいくつか出た。 選手が変われば、チームも変わってくるので、シーズン序盤は苦戦しているチームも多いようだ。 例えば…

ビンス・カーターは『ダンク王』じゃない

もはや、NBAファンでビンス・カーターを知らない人はいないだろう。 歴代No.1のダンカーとの呼び声が高いビンス・カーターは、今、リーグの最年長選手でもある。 今現在のカーターは、昔のようなスピーディーで豪快な他選手とは違うリングに触れない美しいダ…

OKCのビッグスリー、ボールのシェアに問題なし

// <ウエストブルックと新メンバーの共存> 今オフのOKCは、トレードによりメンバーを入れ替え、新たなビッグスリーを結成した。 昨シーズンのシーズンMVPのラッセル・ウエストブルックに加え、INDの生え抜きエース、ポール・ジョージとNYKのスーパースター、…

さあ、ついに開幕!!NBA2017-2018!!

<開幕戦!!NBA 2017-2018シーズン> ついに、NBAの新シーズン、2017-2018が開幕する! 開幕戦では2試合が行われ、豪華な4チームが登場する。 イーストの開幕の1戦は、、、 BOS vs CLE!! ウエストの開幕の1戦は、、、 HOU vs GSW!! <開幕戦1試合目、BOS v…

チーム内が整い、いよいよレギュラーシーズンへ

// <CLE、ジェファーソンらを放出し、パーキンスを解雇> プレシーズンゲームが終わり、ついにレギュラーシーズンが始まるが、この数日間でチームの選手を固める為、ウェイブされた選手が続々と出た。 MILからは、昨シーズンまでBOSでプレーしていたジェラルド・グリーンが解雇され、ゲイリー・ペイトン2世、ブ</cle、ジェファーソンらを放出し、パーキンスを解雇>…

CLEのローズ、ウェイド、クラウダーがプレシーズンゲームで魅せる

<CLE新加入のビッグネーム達が続々と登場> 現地10月4日、ATL vs CLEのプレシーズンゲームが行われた。 デリック・ローズ、ドウェイン・ウェイドらが初めてCLEの選手としてコート上でプレーをした。 レブロン・ジェームスは、本当かどうかはわからないが、足首の負傷により欠場となった。 まぁ多分い</cle新加入のビッグネーム達が続々と登場>…

NBA、プレシーズンゲーム2017 開幕!

現地9月30日、ついにNBAのプレシーズンゲームが開幕し、初日から注目チームが揃った。 ・DEN vs GSW 108-102 ・MIN vs LAL 108-99 <DEN vs GSW> 今オフにエースのダニーロ・ガリナリを放出し、ATLからポール・ミルサップを獲得したDENと3年連続NBAファイナルへ進出し、昨</den>…

BOS、OKC、MINの3選手をちょっと比較してみた

<3チームのビッグスリー、どこが最も脅威になるか> 今オフは、スター選手の移籍が激しく起こった印象を受けた。 クリス・ポールがHOUへ移籍したり、ドワイト・ハワードがCHAに新加入したり、ザック・ランドルフとビンス・カーターはSACへと。 他にもポール・…

ウェイドが再び、親友レブロンと共にプレー

<ウェイド、CLEとの契約に合意> カーメロがOKCへトレードで移籍し、ウエストはスーパースターがうごめいている。 これまで以上の激戦区となりそうなウエスタンカンファレンスだが、、イーストでは3年連続NBAファイナルへ出場している強豪、CLEが動いた。 先…

カーメロ移籍間近、OKCへトレード!?

<OKCの新ビッグスリー誕生なるか> 今オフ、INDとOKCは大型トレードを実行し、一気にNBAファンの注目を浴びた。 INDのエースであるポール・ジョージがOKCにトレードによって移籍したことが話題になったのだ。 昨シーズンのシーズンMVPであるラッセル・ウェストブルックが所属するOKCにジョー</okcの新ビッグスリー誕生なるか>…

来年契約満了のジョージ、憧れのLALへ移籍か

<事前交渉で違反したLALだが、ジョージの獲得は諦めていない> 1ヶ月程前、LALはタンパリング規定違反で50万ドルの罰金を科されていた。 タンパリング規定とは、不正に交渉を行うことを言うが、LALは、今回それを敢行してしまった。 内容は、ポール・ジョージ…

今オフに決定した永久欠番まとめ

<ジョーダンを受け継いだコービー> 永久欠番とは、ファンやチームに影響を与え、多大な功績を残した選手を称える為に、永久にその選手のみのユニフォームにする制度である。 NBAでも毎年、偉大な選手の永久欠番化の発表が行われている。 今オフにも永久欠番…

日本企業初!楽天がGSWとスポンサー契約を交わす

<日本でのプレシーズンゲームの可能性> NBAは、サプライヤーであるアディダス社との契約を満了し、今オフにナイキ社とサプライヤーとしての新たな契約を交わした。 これにより、来シーズンからNBAで使用されるユニフォームは、ナイキ社が提供することになる…

今オフにウェイドがCHIとバイアウトで移籍!?

<移籍候補にCLEやMIAを検討中> CHIのドウェイン・ウェイドは、13シーズンをMIAで過ごし、昨シーズンは、1年間CHIでプレーをした。 そのCHIと今オフにはバイアウトに合意し、移籍することを検討している。 シーズン開幕までにCHIを離れることは決まっているよ…

SACの意識改革を担う3人のベテラン陣

<新加入のベテラン陣が若手選手を育成> 昨シーズン途中でエースであるデマーカス・カズンズの放出を決断したSACは、今オフに再建の為の補強を行った。 若手選手中心となるSACは、その育成を目的として、経験豊富で指導役になれるであろうベテラン選手を獲得…

NBA2017-2018 注目カード解説 -センター陣をpick up-

// <CHA vs DET、ビッグセンター対決> 2017-2018、レギュラーシーズン開幕戦は、BOSとCLE、HOUとGSWと楽しみな試合が2試合も行われるが、2日目も全11試合が行われる予定。 こちらも注目カードは多くある。 ・CHA vs DET CHAは、昨シーズンプレイオフを逃し、オフシーズン中にセンターのドワイ</cha>…

NBA2017-2018 注目カード解説 -新チームをpick up-

// <新生MIN vs 常勝SAS> 2017-2018、2日目の現地10月18日には11試合が行われる予定。 注目カードが続々と現れている。 見どころを勝手にお伝えしていこう。 ・MIN vs SAS MINは、なが〜くプレイオフから遠ざかっている。 かつて、エースとしてケビン・ガー…

NBA2017-2018 開幕戦注目カード

// <レギュラーシーズンの過密スケジュール改正> NBAは、2017-2018から連戦を減らし、過密スケジュールの緩和をすることを決定した。 現地8月15日に発表されたスケジュールでは、例年よりも開幕が早まっている。 開幕の時期は、10月17日からとなった。 昨シ…

ガード陣とツインタワーの共存

<NOP、ロンド獲得でホリデーがSG起用> 現在リーグは、CLE優勝の立役者であるカイリー・アービングがCLEにトレードを要求したことで注目を集めているが、その間にNOPは、チームの新体制をじわじわと構築させている。 アービングのトレード先にSAS、NYK - NBA選手ニュース 2016-2017のトレードデッ</nop、ロンド獲得でホリデーがsg起用>…

元シーズンMVPのローズがCLEへ

<CLE、アービング放出に備えてデリック・ローズと契約合意> 昨シーズン、NYKで復活の兆しを見せたデリック・ローズは、今オフFAとして他チームとの交渉を行っていた。 先日は、名門であるLALとの話し合いがあったが、LALには来シーズン最も注目されるであろうルーキーPGのロンゾ・ボールがいる。ロンゾ・ボールがいる</cle、アービング放出に備えてデリック・ローズと契約合意>…

アービングのトレード先にSAS、NYK

<CLE、アービングがレブロンとの共存を嫌いトレード要求!?> 先日、日本でもイベントを行ったCLEのエース、カイリー・アービング。 2011年ドラフトでCLEに指名されて入団し、現在までCLE一筋。 2014年にレブロン・ジェームズとケビン・ラブが加入し、チームリーダーであったアービングは、歴代でトップクラスの選手と</cle、アービングがレブロンとの共存を嫌いトレード要求!?>…

ホーム&ロードのユニフォーム制度廃止へ

<NBAサプライヤー、ナイキ社へ引き継ぎ> 現地7月18日、NBAのサプライヤーであるアディダス社が2016-2017終了時点で契約を満了し、2017-2018から8年契約を結んだナイキ社がサプライヤーになった。 サプライヤーとは、商品などを供給してくれる商品製造業者のことで、NBAではこれまでアディダス社が</nbaサプライヤー、ナイキ社へ引き継ぎ>…

残された老兵、カーターとノビツキーの役目

<大ベテランピアース、BOSの一員として引退> LACのポール・ピアースが昨シーズン限りで引退を表明し、現地7月17日、ピアースは、BOSと1日限りの契約を結び、過去15シーズンを共に送ったBOSで正式に引退をした。 すでに39歳という大ベテランは、NBAで19年のキ…

新シーズンからNBAがルール改正

<2017-2018からタイムアウト数の削減> 現地7月12日、NBAは、タイムアウトに関するルールの改定を決定した。 オフィシャル・タイムアウトを除いて各チーム1試合でのタイムアウトは、7回までとなり、1回のタイムアウトは、全て統一の75秒間となった。 それから…

現役最強のパワープレーヤーを探る

// <歴代のインサイドを制した選手> NBAには常にリーグを代表するインパクトのあるセンターが君臨している。 1960年代頃には1試合100得点を記録したウィルト・チェンバレンがいて、その後には『スカイフック』を武器に歴代の得点王として君臨しているカリー…

リーグ最強のバックコートコンビは誰!?

<POR、ダミアン・リラード&C.Jマッカラム> 2016-2017、PORのリラードとマッカラムは、最強の得点力を持つバックコートコンビだった。 リラードは、MPG35.9、PPG27.0、APG5.9、SPG0.9、TO2.6、FG成功率44.4%、3P成功率37.0%を記録。 マッカラムは、MPG35.0、PPG23.0、APG3.6、SPG0.9、TO2.2、FG成功率</por、ダミアン・リラード&c.jマッカラム>…

2017、チーム別FA選手の契約情報

7月1日にFA交渉が解禁されると、6日にはFA契約が解禁される。 今年のFA市場にはスター選手が多く、その動向が注目されている。 そこで、チーム別にFA選手をまとめてみた。 FAから大物スター選手を狙うHOU - NBA選手ニュース 今夏、FAになるスター選手の動向…

FAから大物スター選手を狙うHOU

<ハーデンに次ぐ得点源を求めて> 昨シーズン(2016-2017)、プレイオフファーストラウンドで下位シードのUTAに敗北したLACは、今オフにチームの若返りを考えているようだ。 LACは、昨シーズン終了時点で大ベテランのポール・ピアースが引退し、J.Jレディックも…