NBA FAN's-GYM

NBAについて主観的に語ると共に、ダイエット法もご紹介。(旧:NBA選手 ニュース)

IND、ポール・ジョージの移籍先

f:id:zwki-178:20170324034415j:plain

<ポール・ジョージ、移籍の噂>

現地3月22日、ボストンでIND vs BOSの試合が行われた。
INDのエース、ポールジョージが紹介されると場内からは大きなブーイングが湧き上がった。
このブーイングの裏には一体どういう感情が込められていたのだろうか。
 
2016-2017、トレードデッドライン(トレード期限)で少なくとも4チームと交渉をしたジョージ。
その4チームは、PHX、PHI、DEN、そしてBOS。
 
ジョージは、昔からからコービー・ブライアントの大ファンで愛犬にコービーと名付けるくらいの好きっぷり。
そのジョージがINDを離れる場合、プレーしたいチームとしてLALを挙げている。
 
2018年にはフリーエージェントとなるジョージだが、今シーズンのトレードデッドラインで移籍が噂されており、結果的にはINDに残ることになったが、この噂が関連し、BOS戦でジョージに対するブーイングが湧き上がったのだろう。
熱狂的なBOSのファンは、このような噂を知っていたに違いない。
 
ジョージは、「トレードについては自分でコントロールできるものではない。」と語っている。
 
2017-2018が終わるとフリーエージェントになることができるジョージは、INDでプレーし続けたいか問われ、「うん。偉大なチームに残れるのであれば、断らないだろう。」と話している。
 
ジョージは、BOS戦で42分間出場し、37得点、5リバウンド、3スティールを記録したが、チームは100対109で敗れた。
 
今シーズンは、64試合に出場し、PPG22.5、RPG6.4、APG3.3、SPG1.5、3P成功率38.4%を記録している。
 

f:id:zwki-178:20170324034549j:plain

 
ここからは考察になるが、もし、ジョージがLALに移籍するとしたら大きなマーケットなので、今よりも人気は上がるだろうし、ジョージが来たことでLALの選手の補強も今よりも力が入る気がする。
 
現在LALは、20勝51敗でウエスタンカンファレンス最下位の15位にいる。
近年、王朝LALは弱小チームになっているが、LALが強くないとどこか面白くない。
 
強豪LALに返り咲く為にはジョージの加入は大きいとだろう。
 
また、BOSへの移籍も良いと思う。
アイザイア・トーマス、エイブリー・ブラッドリーをガードに置いて、フォワードにポール・ジョージがいれば強くなりそうだ。
センターは、アル・ホーフォードなのでインサイドにスペースを与えて試合展開ができる。
 
アップテンポな試合もハーフコートからのセットオフェンスもどちらも上手くいきそうなラインナップになる。
 
BOSは、現在イースタンカンファレンス2位という成績を残しているので、プレイオフ出場機会は今後も当然あるだろうし、NBA制覇を狙えるくらいの成績も残している。
ポール・ジョージが加わったBOSも是非とも見てみたい。
 
PHX、PHI、DENどこへ行ってもジョージはファーストオプションとして活躍できるだろう。
もちろん、INDに残っていてもこれまで通りエースとして活躍していけるだろう。
 
こうして可能性のある移籍先候補を改めて見ると、やはりジョージは、アップテンポなバスケットをするチームに求められているだろうし、ジョージもそれを好んでいるように感じる。
INDも現在は、タディーアス・ヤングを4番ポジションに置いてスモールラインナップを形成している。
 
正統派スコアラーで多才なオフェンスを見せるジョージは、アップテンポなプレースタイルのチームが似合っているのだろう。
 
フリーエージェントまでは、まだまだ時間はたっぷり残されているが、ジョージの今後の動向にも注目したい。