NBA FAN's-GYM

NBAについて主観的に語ると共に、ダイエット法もご紹介。(旧:NBA選手 ニュース)

アービングのトレード先にSAS、NYK

f:id:zwki-178:20170724025948j:plain

<CLE、アービングレブロンとの共存を嫌いトレード要求!?>

先日、日本でもイベントを行ったCLEのエース、カイリー・アービング
2011年ドラフトでCLEに指名されて入団し、現在までCLE一筋。
 
2014年にレブロン・ジェームズとケビン・ラブが加入し、チームリーダーであったアービングは、歴代でトップクラスの選手と言っても過言ではないレブロン・ジェームズとの共存を強いられることになった。
 
アービングレブロン、ラブのCLEの新ビッグスリーが結成され、1年目からNBAファイナルまで登りつめた。
 
それまでアービングのチームだったCLEだったが、レブロンが戻ってきたことにより、次第にレブロンの方が注目されるようになる。
 
2014-2015のファイナルでGSWに敗退しており、2015-2016、CLEはファイナルで2年連続のGSWと対戦することになる。リベンジのチャンスが訪れたのだ。
 
3勝3敗で迎えた第7戦でアービングは、試合を決定付けるクラッチタイムでの3Pを沈め、脚光を浴びた。
しかし、ファイナルMVPは、数字が目立つレブロンに捧げられた。
 
2016-2017、アービングNBA屈指のボールハンドラーというように言われ始める。
アービングの凄いところは、あのドリブルでのハンドリングの良さで、そこからフィニッシュまでが多彩なところ。
それだけではない。若くてもクラッチタイムで躊躇なくシュートを放つメンタルの強さ、爆発したらインサイドからもアウトサイドからも止まらない得点力を持っている。
3Pを1試合で11本も決めた経験もあり、1試合57得点する実力も持っている。
 
そんなアービングだが、現在噂されているビッグニュースが飛び込んできた。それは、アービングがCLEへトレードの要求をしたということだった。
CLEを出て、レブロンの影からさらに表に出たい姿勢をみせているというのだ。
 
私は、今でもCLEはアービングのチームだと思っているが、果たしてアービングは本当にCLEを出ていくのだろうか。
 
アービングが望む移籍先の一つにSASが挙げられている。
他にもNYKが候補としてあるようだ。CLEがカーメロ・アンソニーを引き換えに考えているようだ。
それだけのビッグネームでないと、アービングとのトレードには釣り合わないだろう。
 
アービングがトレードを要求した理由は、簡単に言うと、「2番手が嫌だから」といった感じのようだ。
しかし、本当にそうなのだろうか。
 
もし、2番手が嫌だからという理由でCLEを去るのであれば、移籍先の第1候補にSASが挙がってくるだろうか。
なぜなら、SASにはグレッグ・ポポビッチHCが信頼している絶対的エース、クワイ・レナードが所属しているからだ。
レナードがいるSASに移籍したとしてもアービングはCLEにいる今と変わらず、2番手のポジションに置かれるだろう。
 
仮にNYKに移籍するのであれば、チームリーダーとして今より脚光を浴びることができるかもしれない。
 
SASが候補と噂されているアービングがCLEを去りたい理由は、レブロンとの関係にあるようにみえる。
レブロンは、自身の思い通りにチームメイトを動かす選手でチームメイトにも厳しく当たり、レブロンとのプレーが合わずに一緒にプレーしたくないという選手も珍しくはない。
 
代表的な選手としては、MIA時代にスリーキングスの一角を担っていたPFのクリス・ボッシュがいる。
ボッシュは、MIAから出ていったレブロンに対して「凄くやり辛かった。」と話し、CLEで新たにレブロンと組むPFのケビン・ラブに、「レブロンとの共存に苦労するだろう。」と話していた。
 
かつてのスター選手のボッシュレブロンとのプレーを嫌っていただけに、アービングレブロンとのプレーを望んでいないということは、大いに考えられるだろう。
 
アービングは、チームで2番手が嫌なんじゃなくて、レブロンとの共存が嫌なのではないだろうか。
 
今後、アービングはトレードされるのか、そのままトレードが行われず、新シーズンが始まってしまうのか。
そして、CLEは2018年にはレブロンもいなくなる可能性が高いので、ここでアービングを駒に新戦力を補強することを考えるのか、アービングとCLEの動向に目が離せなくなってきた。