NBA FAN's-GYM

NBAについて主観的に語ると共に、ダイエット法もご紹介。(旧:NBA選手 ニュース)

カーメロ移籍間近、OKCへトレード!?

f:id:zwki-178:20170926005817j:plain

<OKCの新ビッグスリー誕生なるか>

今オフ、INDとOKCは大型トレードを実行し、一気にNBAファンの注目を浴びた。
INDのエースであるポール・ジョージがOKCにトレードによって移籍したことが話題になったのだ。
 
昨シーズンのシーズンMVPであるラッセル・ウェストブルックが所属するOKCにジョージが加入したことで、OKCの戦力は一気に変化すると誰もが思った。
 
だが、OKCの今オフの補強はこれだけに留まらない。
 
NYKで活躍し、オールスターにも10回選出されているスーパースター、カーメロ・アンソニーがトレードによってOKCに移籍することがほぼ確定したようだ。
 
カーメロは、レブロン・ジェームスと同期でNBA入団後は、レブロンと比較されることが多かった。
 
DENに所属していたカーメロは、アレン・アイバーソンとコンビを組み、アイバーソンと同じ髪型にした時期もあったくらい上手く関係を築いていた。
 
そんなカーメロももうベテランの粋。
徐々に引退が近づいてきている中でカーメロは、NBAチャンピオンを手にした経験が未だない。
 
今オフにはHOUにクリス・ポールが加わってジェームズ・ハーデンとポールのバックコートコンビが誕生したことを受け、カーメロのトレード先もHOUが含まれていた。
 
カーメロは、それだけ勝利に飢えている選手なのかもしれない。
 
OKCにはジョージが加入し、ウェストブルックとジョージのバックコートコンビが出来上がった。
 
そこに優勝の可能性を感じ取ったのか、移籍候補先にこれまで含まれていなかったOKCやCLEを追加したようだ。
 
このトレードが実現するのであれば、OKCは、ウェストブルック、ジョージ、カーメロのビッグスリーが結成される。
 
選手名を見ただけで凄まじい得点力だということがわかる。
 
このビッグスリーがボールをシェアすることが出来れば、OKCは、ウエスタンカンファレンスで上位に食い込むチャンスはあるだろう。
 
エストはレベルが高いだけに、もし万が一、ビッグスリーが噛み合わなければ、この大型補強は意味のないものになってしまう。
 
何としてもビッグスリーを機能させ、ボールのシェアを可能にしておかなければ、GSW、SAS、HOUなどの上位シードに入り込む隙はなくなるだろう。
 
そして、ジョージに関しては、OKCで1シーズンを過ごせば、その後もOKCにいてくれることは考えにくいかもしれない。
 
そうなれば、来シーズンにどれだけの成績を残し、優勝まで近づけるかということは、ジョージを引き止める材料になり得るだろう。
 
PORへ移籍するかもしれないという噂もあったが、カーメロはそれを拒み、OKCを選ぶ間際まで来ている。
 
ウェストブルック、ジョージ、カーメロのビッグスリーで来シーズンは、優勝を狙うOKC。
 
トレードが成立すれば、初戦は、NYK対OKCである。
とても注目され、楽しみな試合になることは間違いないだろう。