NBA FAN's-GYM

NBAについて主観的に語ると共に、ダイエット法もご紹介。(旧:NBA選手 ニュース)

デュラントとウェストブルックの修復不可能な兄弟関係

f:id:zwki-178:20171129164655j:plain

<言葉を交わせば小競り合いのデュラントとウェストブルック>

ケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックの関係は、本人達がどう思っているのかはわからないが、他人から見れば、もはや壊滅状態だろう。
 
デュラントは、今でも特別な存在だと明言しているが、ウェストブルックからデュラントに関しての話は全くない。
 
ウェストブルックは、デュラントを良く思っていないのだろう。
 
両者は、元チームメイトでデュラントが2007年ドラフトでNBA入りをすると、翌年の2008年ドラフトでウェストブルックがOKCに入団した。
 
それから8シーズンを共にした両者だが、FAとなったデュラントは、2016-2017前にGSWへ移籍し、OKCに1人取り残されたウェストブルックは、デュラントに強い怒りを覚えてしまった。
 
デュラントとウェストブルックの関係は、ここから一気に崩れてしまった。
 
デュラントがOKCを去って2シーズン目。
OKCのホームで行われたGSW対OKCの試合は、デュラントが去って2年が経っても注目される試合となった。
 
昨シーズンの両チームの対戦では、デュラントとアンドレ・ロバーソンが額をぶつけ合いながら衝突し、ウェストブルックとは、それぞれのベンチに戻る際に口論があった。
 
今シーズンも現地11月22日に行われたGSW対OKCの試合中、デュラントとウェストブルックが額をぶつけ合いながらの小競り合いが見られた。
 
今までの騒動があり、今回の小競り合いが勃発すれば、見ているファンからすれば、もはや修復不可能な関係と思われるだろう。
 
だが、それでもデュラントは、試合後のインタビューでウェストブルックとの小競り合いについて、「彼も僕も競い合うのが好きで、あれもバスケットボールのプレーの一部。」と話している。
 
本当に仲が悪くなければ良いのだが、8シーズンを共に過ごし、一緒にプレーしていた時代を振り返ってみると、その友情がなくなってしまったのは寂しい。
 
デュラントは、2007年ドラフトで同期のジェフ・グリーンと共にNBA入りを果たした。
当時はOKCではなく、SEA(シアトル・スーパーソニックス)というチームだった。
レイ・アレンやラシャード・ルイスなどのスター選手が所属していたが、再建段階に入り、デュラントは、ルーキーシーズンからエースとしての活躍を期待されての入団となった。
 
すると、ルーキーシーズンから1試合平均20.3得点を記録するなど、レブロン・ジェームズの次にNBAを担っていく超大物スーパースターの出現と注目されるようになった。
 
翌シーズンからSEAがOKCになり、ドラフトではウェストブルックを獲得した。
 
デュラントの2シーズン目は、PPG25.3、RPG6.5、SPG1.3、FG成功率47.6%、3P成功率42.2%という成績を記録。
 
ジェームズ・ハーデンがOKCに指名され、NBA入りを果たした3シーズン目でデュラントは、早くも1試合平均30.1得点と、30得点越えを果たす。
 
そして、デュラントにとって3シーズン目となった2009-2010、リーグワースト2位だったチームは、ついにデュラントの貢献により、ウエスタンカンファレンス8位でプレーオフに出場することができた。
 
ここからデュラント、ウェストブルック、ハーデンのビッグスリーがOKCの黄金時代を築いていった。
 
だが、2011-2012前のオフに大型契約を結べるだけの財力がなかったOKCは、ハーデンを放出せざるを得なかった。
 
その後、5シーズンをデュラントとウェストブルック中心にチームを構築してきたOKCだったが、なかなかプレーオフを勝ち進むことができず、結局、デュラントがFAで別のチーム(GSW)と契約するに至った。
 
SEA時代も合わせると9シーズンもOKCに貢献したデュラント。
クラッチタイムでも当時のレブロンにはなかったビッグショットをデュラントは決めていた。
ウェストブルックとも良好な関係でボールをシェアし合っていた。
 
時には罵り合い、口論もたくさんあったようだが、そうやって何でも言い合えるような関係だったデュラントとウェストブルックは、今では言葉も交わさず、話したと思えば小競り合い。
 
シャックとコービーの不仲説よりも激しい。
レブロンがCLEを去った時に、もし、CLEにレブロンの相棒が所属していたとしたら、同じようなことになっていただろうか。
 

 

 
 
FAは、選手がどのチームとも契約できる権利を持っている。
デュラントは、その権利を利用しただけで誰も文句は言えない。
 
だが、ウェストブルックの心境も分からなくもない。
 
両者をプレースタイルから考察すると、ウェストブルックは、パス回しを好まず、ドリブルやスクリーン、個人技でオフェンスを切り開き、アシストもしくはフィニッシュを決める、そんなバスケットボールを好み、デュラントは、GSWのようなチーム全員でパスを回して誰もが気持ち良くシュートを放てるようなバスケットボールを好んだ。
 
デュラントとウェストブルックは、バスケットボールの好みが少し違っただけ。
だが、デュラントは、それが友情にまで亀裂を与えてしまうようなことだとは気付かなかったのだろう。
 
次の両チームの対戦は、年明けの2月7日を予定している。 
 
 
 

「筋肉を付けたい」「トレーニングしたい」「低糖質で減量したい」「維持したい」「代謝を上げたい」と思われている人は、プロテインを飲まない訳にはいかない。

筋トレやダイエットでプロテインを飲むのはなぜ?

 

 

 『NBA-選手名鑑』

 

『WAS-選手名鑑』

選手名鑑:ジョン・ウォール

選手名鑑:ブラッドリー・ビール

選手名鑑:オット・ポーターJr.

選手名鑑:マーキーフ・モリス

選手名鑑 カテゴリーの記事一覧

 

『Legend player』

選手名鑑:コービー・ブライアント

 

 
 

NBA選手のような筋肉を目指す人の為の、
一人でダイエットを行う人の為の、
男としてかっこよく、女として美しくある体作りの為の、
食事と運動(トレーニング)の知識として活用して頂ければ...!!

 

NBA選手のようなパフォーマンスを行う為の適切な栄養摂取

睡眠が体脂肪の増減に大きく関わるワケ←check!

筋トレやダイエットでプロテインを飲むのはなぜ?←check!