NBA FAN's-GYM

NBAについて主観的に語ると共に、ダイエット法もご紹介。(旧:NBA選手 ニュース)

MILの最強秘密兵器、ヤニス・アンテトクンポ

f:id:zwki-178:20171111020505j:plain 

<シーズンMVP最有力候補は、ギリシャ育ちの若手選手>

NBAドラフト2013に1巡目15位でMILに指名された選手をご存知だろうか。 
NBAドラフト2013でMILがピックした1巡目15位の選手、それがヤニス・アンテトクンポ。
 
2013-2014、19歳のアンテトクンポにとってのルーキーシーズン、彼は、77試合に出場し、その内23試合をスターターとして出場した。
PPG6.8、RPG4.4、APG1.9、SPG0.8、BPG0.8、FG成功率41.4%、3P成功率34.7%を記録した。
 
この成績を残したアンテトクンポは、オールルーキー2ndチームに選出された。
だが、正直、この程度の成績では次世代を担うNBAプレーヤーという評価はされない。
 
17歳でギリシャの2部リーグでプロデビューを果たしており、国内では凄い選手であったが、世界最高峰のNBAではそのような選手は、わんさかいる。
 
だが、2年目となる2014-2015、持ち前の長い足と腕で豪快なダンクを披露したりと、アウトサイドシュートはあたり打たないが、インサイドで得点を取れる選手という印象に変えていった。
 
昨シーズンは、80試合に全てスターターとして出場し、PPG22.9、RPG8.8、APG5.4、SPG1.6、BPG1.9、FG成功率52.1%、3P成功率27.2%を記録し、大成長を遂げた。
 
20得点以上を平均で取るようになったが、今シーズンは、さらに成長を遂げて、得点力もディフェンス力もかなりパワーアップして戻ってきた。
 
今シーズンは、ここまでPPG31.9、RPG9.8、APG4.8、SPG1.5、BPG1.7、FG成功率60.1%、3P成功率33.3%を記録している。
1試合平均得点ランキングでは圧倒的な1位に輝いている。
 
オフェンスばかりに気を取られがちだが、ディフェンスでもリバウンド、スティール、ブロックで相手チームの得点の阻止に絡んでくることが多い。
 
インサイド選手でゴール下からのシュートが多い選手でも60%以上のFG成功率は難しい。
にも関わらず、SFでこれだけ確率良く得点が取れるということは、本当に凄い選手である証拠になる。
 
今シーズンの1試合平均得点が、昨シーズンのそれよりも10得点多くなっている。
 
今シーズンの開幕から10試合を見ると、6試合で30得点超えをしており、40得点超えをした試合も2試合ある。
 

 

 
シーズンはまだまだ始まったばかりだが、現在のシーズンMVPは、この調子を続けられれば、ヤニス・アンテトクンポだろう。
  

「筋肉を付けたい」「トレーニングしたい」「低糖質で減量したい」「維持したい」「代謝を上げたい」と思われている人は、プロテインを飲まない訳にはいかない。

筋トレやダイエットでプロテインを飲むのはなぜ?

  

選手名鑑:ジョン・ウォール

選手名鑑:ブラッドリー・ビール

選手名鑑:オット・ポーターJr.

選手名鑑:マーキーフ・モリス

選手名鑑 カテゴリーの記事一覧

 

 
 

NBA選手のような筋肉を目指す人の為の、
一人でダイエットを行う人の為の、
男としてかっこよく、女として美しくある体作りの為の、
食事と運動(トレーニング)の知識として活用して頂ければ...!!

 

睡眠が体脂肪の増減に大きく関わるワケ←check!

筋トレやダイエットでプロテインを飲むのはなぜ?←check!