NBA FAN's-GYM

減量・ダイエットなどのボディメイクを行う上でのトレーニングや食事の知識・方法をご紹介すると共に、趣味のNBAについて主観的に語り、バスケのパフォーマンス向上に役立つ情報も提供する!!

NBAプレイオフ2018の見どころや予想・結果

 
いよいよ、NBAのプレイオフが開幕した。
見どころや注目選手などを独自にお伝えしていく。
 
結果も随時更新していくので、「結果まだ見てない」という人は、慎重に閲覧して欲しい。
 

f:id:zwki-178:20180416042744j:plain

<NBAプレイオフ2018の予想と結果>

プレイオフ出場チームと対戦表は、下記の通りである。
 
【イースタン・カンファレンス】
1.トロント・ラプターズ(TOR) 59-23
2.ボストン・セルティックス(BOS) 55-27
3.フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(PHI) 52-30
4.クリーブランド・キャバリアーズ(CLE) 50-32
5.インディアナ・ペイサーズ(IND) 48-34
6.マイアミ・ヒート(MIA) 44-38
7.ミルウォーキー・バックス(MIL) 44-38
8.ワシントン・ウィザーズ(WAS) 43-39
 
 
イースタン・カンファレンスの王者は、TORで初の快挙になった。
 
レギュラーシーズンとプレイオフとでは戦い方が違い、チームの強さも全く異なったものになる。
経験豊富なチームが強くなる傾向にあるのがプレイオフ。
 
ここ数年、TORは、その象徴となっているチームとも言える。
 
毎シーズン、上位シードでプレイオフに進出するが、下位シードに破れてプレイオフ敗退が続いている。
 
今シーズンは、そうはならなさそうだが、1回戦の対戦相手は、2015年のプレイオフでスウィープ負けさせられたWASだ。
 
選手層で見れば、断然TORが有利だが、私は、WASファンとしてWASが勝つことを期待したい。
 
イースト2位のBOSは、ゴードン・ヘイワードを2017-2018前に獲得したが、怪我により全休。
同じく新加入でエースのカイリー・アービングも怪我でプレイオフには出場できない様子。
 
ヤニス・アンテトクンポ、クリス・ミドルトン、エリック・ブレッドソーが揃うMILにかなり苦戦を強いられるだろう。
BOSがシリーズを制すのは容易ではない。
 
若手選手が揃い、シーズン後半から怒涛の追い上げを見せた3位のPHIは、このプレイオフでカンファレンス・ファイナルまで行ける力があるだろう。
 
ベン・シモンズやダリオ・サリッチなどの活躍に期待。
 
また、プレイオフを見据えてのオフの補強がここへ来て大きく影響を与えてくれることだろう。
 
JJ.レディックの加入はとても大きい。
プレイオフでもチームを引っ張ってくれるはず。
 
他にもマルコ・ベリネリ、アミール・ジョンソンの存在も大きい。
ベリネリは、プレイオフで3Pを武器に冷静なプレーでチームに貢献してくれるはずだ。
 
ただ一つ問題は、ジョエル・エンビードがいないこと。
エンビードがいればイースト覇者も夢じゃない。
 
レギュラーシーズンとプレイオフは別物と話したが、それはCLEにも言えること。
 
レブロン・ジェームズやケビン・ラブらを擁する無敵艦隊は、経験も豊富でプレイオフの戦い方を熟知している。
 
カンファレンスファイナルではCLEとPHIが当たると予想する。
 
そして、イースト覇者は、今年もCLEではないだろうか。
 
 
【Roud 1】
1.TOR vs 8.WAS
2-0 TORリード
3シーズン前にスウィープ負けしたTORだが、今シーズンは、第1戦に勝利。
 
前回のシリーズでは、WASにはベテランのポール・ピアースが所属していたが、今回のWASには経験豊富なベテランはいない。
ベンチ層の薄いWASがベンチ層の厚いTORを破るのは、相当厳しいだろう。
 
4.CLE vs 5.IND
1-1 タイゲーム
CLEが第1戦を落としてINDが敵地で1勝。
このカードは昨シーズンと同一カード。
INDは、エースのポール・ジョージが抜けて新たなエースのビクター・オラディポがチームの得点を引っ張る。
 
3.PHI vs 6.MIA
1-1 タイゲーム
第2戦、MIAが勝利してシリーズをタイにする。
この試合は、完全にMIAのドウェイン・ウェイドが支配した。
 
ウェイドが途中出場すると、ウェイドのプレイメイクで流れが一気にMIAへと傾き、第2Qに逆転。
第4Q、PHIに2点差まで迫られたが、試合終盤残り4分からウェイドが投入され、交代早々にスティールからファストブレイクでダンクを決める。
 
ウェイドが大事な場面で得点、アシストを決めてチームを勝利に導いた。
 
 
2.BOS vs 7.MIL
2-0 BOSリード
BOSは、新加入でアル・ホーフォードと新たなBIG3を結成するはずだったゴードン・ヘイワードとカイリー・アービングを欠いてのシリーズとなった。
 
第1戦、MILがヤニス・アンテトクンポとクリス・ミドルトンを中心に得点を重ねたが、BOSのチーム力は強く、スター選手が不在の中、MILと互角に渡り合った。
 
第4Q残り15秒で96-93とBOSがリードした場面、MILのマルコム・ブログドンが3Pを決めて追い付く。
すると、テリー・ロジアーが3Pを返し、99-96とする。
残り0.5秒で3点ビハインドのMILは、インバウンドからハーフライン付近にいたミドルトンにパスを入れ、超ロング3Pを放ち、それが見事に決まった。
オーバータイムまでもつれた試合は、BOSが勝利した。
 
だが、今シーズン、残り2分からのクラッチタイムに滅法強いMILは、試合終盤になればなるほどシュート精度が増してくる。
今後もBOSは、MILに試合終了のブザーがなるまで苦戦することだろう。 
 

 

 

【ウエスタン・カンファレンス】
1.ヒューストン・ロケッツ(HOU) 65-17
2.ゴールデンステイト・ウォーリアーズ(GSW) 58-24
3.ポートランド・トレイルブレイザーズ(POR) 49-33
4.オクラホマシティ・サンダー(OKC)48-34
5.ユタ・ジャズ(UTA) 48-34
6.ニューオーリンズ・ペリカンズ(NOP) 48-34
7.サンアントニオ・スパーズ(SAS) 47-35
8.ミネソタ・ティンバーウルブズ(MIN) 47-35
 
ウエストはかなり混戦したシーズンとなり、順位はほとんど関係なく、実力はどこもトントンな感じ。
 
イーストの40勝とウエストの40勝では重みが違う。
強豪チームがひしめくウエスタン・カンファレンスは、どこが優勝してもおかしくない。
 
そんなウエストのレギュラーシーズン王者はHOUだ。HOUの躍進には驚いた。
 
ジェームズ・ハーデンは、2016-2017に逃したシーズンMVPを今シーズン獲得するだろう。
そして、プレイオフでもウエストの覇者になれるだけの力を持っている。
 
初戦は、14年振りのプレイオフ進出が決定したMINとだ。
若手と中堅、ベテランも揃うMINは、勝負強さも持っている。
 
成長したハーデンのクラッチタイムでの得点が必要になるだろう。
 
OKCとUTAのシリーズも注目したい。
UTAは、下位シードからでも勝ち上がれるプレイオフでは怖い存在だ。
 
もし、OKCが勝ち上がれば、HOUと当たることが濃厚だ。
ハーデンは、ウエストブルックと元チームメイトであり先輩である。
HOUは、OKCには苦戦するのではないか。
 
GSWは、ステファン・カリーが本調子になれさえすれば、再びカンファレンス・ファイナルまで駒を進められるだろう。
 
SASとのシリーズは、SASのエースであるカワイ・レナードがいないので、勝ち上がれるだろう。
 
PORから下は、ほとんど実力は変わらない。
どこが上がって来ても驚きはしないが、カンファレンスファイナルにはHOUとGSWが来るだろう。
 
もしくは、OKCかGSWだろうか。
もし、そうなれば、試合は大荒れになるに違いない。

 
個人的にはNOPに期待したい。
 
【Roud 1】
1.HOU vs 8.MIN
2-0 HOUリード
今シーズンのシーズンMVPであろうジェームズ・ハーデンが40得点越えの大活躍。
若かりし頃の試合終盤でのシュートの乱れやバイオレーションは、今のハーデンにはない。
 
デリック・ローズやジミー・バトラー、タージ・ギブソンは、CHI時代にトム・ティボドーHCの元でプレイオフを勝ち抜いたが、MINは、14年ぶりのプレイオフで勝利を上げることができるだろうか。
 
4.OKC vs 5.UTA
1-1  タイゲーム
個人技のOKCか、チーム力のUTAか。
第1戦は、身体能力の高い選手による個人技が目立つOKCと、美しいバスケをしているUTAというような印象の試合となった。
 
UTAの方がボール回しが良く、得点の取り方がとても上手かったが、OKCの個人能力が上回ったというところだろう。
OKCのラッセル・ウエストブルック、ポール・ジョージ、カーメロ・アンソニーの調子が悪くならなければ、経験も豊富なだけに、UTAを寄せ付けないシリーズにすることもできるかもしれない。
 
 
3.POR vs 6.NOP
0-2 NOPリード
第1戦、PORを圧倒したNOPだが、PORの強さを甘く見てはならない。
第4Qに追い上げたPORは、デイミアン・リラードとCJマッカラムのバックコートコンビが次の試合から調整してくるだろう。
 
NOPは、アンソニー・デイビスを軸に、ジュリュー・ホリデー、ニコラ・ミロティッチと得点が続くようにレイジョン・ロンドのプレイメイクにも注目したい。
ロンドにはディフェンス面でもPORのバックコートコンビを抑えるという役割を担ってもらわなければならない。
 
 
2.GSW vs SAS
2-0 GSWリード
SASは、いつものようなプレイオフでの勢いを全く感じない。
GSWが2連勝をしたが、SASのホームで巻き返しはできるだろうか。
GSWは、このシリーズを取ったとしても油断はできない。
 
 

 

NBAが好きで作った選手名鑑】↓

 

 
 

NBA選手のような筋肉を目指す人の為の、
一人で減量プログラムに挑戦する人の為の、
男らしい体、美しい体作りを目指す人の為の、
食事とトレーニングの知識やアイテムを大公開!!

 
 

本気で挑戦する人の為のアイテム記事

↓check!!

 


減量プログラムに関する知識情報記事

↓check!!