NBA FAN's-GYM

減量・ダイエットなどのボディメイクを行う上でのトレーニングや食事の知識・方法をご紹介すると共に、趣味のNBAについて主観的に語り、バスケのパフォーマンス向上に役立つ情報も提供する!!

体脂肪減少に特化したコレスリムの成分が脂肪燃焼以上の効果をもたらす!

 
体重や体脂肪が思うように減っていかないという人、体重は減るけど体脂肪が減っていかないという人の多くの原因は、脂肪の分解から燃焼までの過程が体内で上手くできていないところにある。
 
今回は、体内で脂肪を燃焼させて体脂肪を効率良く減らしていく為、『コレスリム』についてお伝えしていく。
 

   

<コレスリムの成分と効果の凄さ>

ダイエットを始めようと思っている人、もうすでに始めているけど体脂肪がなかなか減らないという人、停滞期に陥ってしまっている人、
 
このような人の為に、簡単に体脂肪を減らしていく効率の良いやり方がある。
 
それが、脂肪燃焼を促してくれる『コレスリム』を活用した方法だ。
 
コレスリムを活用したダイエットがなぜ効率的なのか、コレスリムの成分を見ればわかるだろう。
 
コレスリムの主な成分
①オメガ3脂肪酸
②コーヒークロロゲン酸
③L-カルニチン
④ギムネマエキス
 
主な成分として、この4つが挙げられる。
この4つの成分全てが、体脂肪の減少を加速させる為に必要なものとなる奇跡の組み合わせなのだ。
 
脂肪を燃焼させる為には、
分解→運搬→燃焼
と、この3つの過程を経ることでエネルギーとして消費されていく。 
 

<自律神経を整えるオメガ3脂肪酸>

1つ目は、オメガ3脂肪酸が脂肪燃焼効果を促進させる理由についてご紹介する。
 
魚に含まれる脂質は、DHA,EPAと呼ばれているもので、これらはオメガ3脂肪酸という脂質に区別されている。
 
オメガ3脂肪酸と呼ばれる脂質には、他にもαリノレン酸などがある。
コレスリムに含まれている脂質は、亜麻仁オイルである。
亜麻仁オイルには、αリノレン酸というオメガ3脂肪酸が豊富。
 
オメガ3脂肪酸は、自律神経を整える効果がある。
自律神経が整うと、交感神経が徐々に優位になっていく。
血液の流れも良くなるので、生活習慣病のリスクもなくなるだろう。
 
交感神経が優位になってきたら、脂肪の分解の過程が促進されていく。
 
脂肪の分解が上手くできなければ、脂肪を使ってエネルギーを消費することはできず、結果的に体脂肪が減少しないということに繋がってしまう。
 
よって、オメガ3脂肪酸を摂取して血液の流れを良くして、交感神経を優位にしていくことは、脂肪燃焼に繋がる成分である。
 

 

 

<コーヒークロロゲン酸で脂肪分解を促進>

オメガ3脂肪酸と役割としては似ている成分となるコーヒークロロゲン酸。
これが何なのかというと、ポリフェノールの一種である。
 
ポリフェノールには数々の種類が存在するが、大まかにいうと、ポリフェノールは、脂肪の分解を助けてくれる役割がある成分である。
 
交感神経が優位になった上に、コーヒークロロゲン酸でさらに脂肪を分解することができれば、たくさんの脂肪が分解される。
そうすると、燃焼される脂肪が多くなるので、体脂肪を減少させるチャンスとなる。
 
脂肪分解の過程は、脂肪燃焼効果に大きく関わっている。
 
また、その他にも抗酸化作用があるので、お肌が綺麗になったり、老化予防などにも繋がってくるだろう。
 

< L-カルニチンが脂肪燃焼する為の運搬係>

脂肪が分解されたところで、今度はその分解した脂肪を燃焼させる為に、体内の焼却炉であるミトコンドリア内に運搬していかなければならない。
 
分解された脂肪は、各細胞に運搬されてミトコンドリア内に侵入していく。
ただ、分解された脂肪が、ミトコンドリア内に侵入するには、ある成分が必要になる。
それが、『L-カルニチン』という成分だ。
 
L-カルニチンが、分解された脂肪に纏わり付いてミトコンドリア内まで案内してくれる。
 
ミトコンドリア内まで案内が終わると、L-カルニチンは役割を果たしたということでいなくなる。
 
もし、L-カルニチンが体内に不足していた場合は、体脂肪が燃焼されずに脂肪として再度蓄積されてしまう。
 
このミトコンドリア内までの運搬は、 L-カルニチン以外の成分で代用できるものはない。
体内にL-カルニチンが常にあることは、脂肪燃焼には欠かせない。
 

 

 

<脂肪燃焼効果以外にも糖質吸収抑制効果がある>

脂肪の分解、運搬までの過程をコレスリムで大きく促すことができる。
これによって、脂肪燃焼効果はかなり加速していくので、燃焼系サプリとしてはとても良いアイテムと言えるだろう。
 
だが、コレスリムの効果は、脂肪燃焼だけでは収まらない。
ギムネマエキスという成分が、糖質の分解を抑制する働きがある。
 
このギムネマエキスによって、食べてしまった糖質を吸収させずに阻害して、体内で脂肪として蓄積させるのをブロックできる。
 
糖質の吸収を抑制するということは、脂肪の蓄積を抑制することに繋がる。
 
なぜなら、糖質が吸収されれば、脂肪として蓄積されるインスリンというホルモンを多く分泌させてしまうので、結果的に脂肪蓄積、内臓脂肪の蓄積にも繋がってしまうからだ。
 
糖質の吸収が抑制されれば、インスリンも分泌されず、体脂肪も内臓脂肪も蓄積されることはなくなる。
 
コレスリムには、脂肪燃焼効果以外にもこのような脂肪蓄積を予防する為のギムネマエキスという成分までも含まれている。
 
糖質制限をされている人にとっても、食事の度に、少しずつ含まれてくる糖質をブロックさせて、より良い結果を追求することができるようになるだろう。
 

 

<コレスリムの飲み方とタイミング>

粒状のコレスリムは、お水と一緒に流し込んで飲むタイプのサプリで、1日2回程度に分けて、1回2,3粒飲むだけで摂取量としては十分のようだ。
 
脂肪燃焼効果もあり、糖質吸収抑制効果もあるコレスリムは、どのタイミングで飲めば良いのか迷いどころだが、大体、昼間の活動量が多い時間帯に飲むのがベストだろう。
 
なぜなら、脂肪燃焼効果があるサプリなので、活動量の多い時間帯に代謝を上げておくことで、脂肪燃焼を促進することができるからだ。
 
夜は、寝るだけで活動することがほとんどないので、飲まなくても問題ないだろう。
 

コレスリムの飲むタイミング

・朝食前後
・昼食前後
・トレーニング前
 
日中の活動量が多い時間帯の食事の前後に飲んでいきたいサプリである。
 
 
★食前
食前に飲むことで、ギムネマエキスの糖質分解の抑制効果を利用し、糖質を吸収させずに阻害させていくことができる。
 
糖質制限をしているとはいえ、糖質をゼロにすることはほぼ不可能で、1日20g〜60g程度までは摂取してしまうもの。
 
糖質60gは、お茶碗1杯分弱程度の糖質である。
 
この量の糖質もなるべく吸収させずに阻害させられれば、減量がさらにスムーズに行えるだろう。
 
なので、朝と昼の食前に3粒ずつ飲むようにすると良い。
 
 
★食後
食後になっても問題ないだろう。
もし、食前に飲み忘れちゃったなどがあっても食後に3粒飲めれば安心だ。
 
なぜなら、コレスリムにはコーヒークロロゲン酸とL-カルニチンが含まれているからだ。
この2つの成分は、脂肪を分解してミトコンドリア内まで運搬していく働きを持つ成分なので、脂肪燃焼効果を促進させていく。
 
食後は、食前よりも代謝が上がっている状態になるので、そこで脂肪燃焼効果のあるコレスリムを摂取すると、その後の代謝が上がり、1日中脂肪燃焼を促してくれるような体の状態にしてくれるだろう。
 
朝と昼の食後に飲んで脂肪燃焼効果を利用していくこともオススメだ。
 
 
★トレーニング前
トレーニングの前もオススメのタイミングだ。
トレーニングをする日は、朝食前後に3粒飲んでトレーニング前にも3粒飲んでいこう。
 
なぜなら、トレーニングを行う際に脂肪が燃焼しやすい状態になっていれば、普通にトレーニングした時の脂肪燃焼よりも倍くらい大きく燃焼されていくからだ。
 
コーヒークロロゲン酸が脂肪を分解してL-カルニチンがミトコンドリア内まで運搬してくれる。
なので、あとは、その運搬された脂肪を燃焼するだけなのだ。
 
ここまでの体制が整っている状態でのトレーニングは、通常時よりも遥かに脂肪燃焼しやすいに違いない。
 
トレーニング前の摂取は、必ず行うべきだろう。
 
 
 
コレスリムだけに限らず言えることだが、サプリは、毎日飲み続けることで体内に定期的に成分が取り込まれるようになる。
 
例えば、定期的に脂肪燃焼成分が体内に取り込まれることで、毎日の代謝が徐々に上がっていき、段々と効果が出てくるのだ。
 
なので、コレスリムも毎日飲み続けて、最低でもまずは、3ヶ月間飲んでいけるように習慣化していこう。
 
糖質制限を行いながらコレスリムを活用するのであれば、さらに大きな成果が出てくるのではないか。
 
脂肪燃焼効果だけに留まらないコレスリムは、ダイエットには効果的だろう。
 
  

NBA選手のような筋肉を目指す人の為の、
一人で減量プログラムに挑戦する人の為の、
男らしい体、美しい体作りを目指す人の為の、
食事とトレーニングの知識やアイテムを大公開!!

 
 

本気で挑戦する人の為のアイテム記事

↓check!!

 


減量プログラムに関する知識情報記事

↓check!!