NBA FAN's-GYM

減量・ダイエットなどのボディメイクを行う上でのトレーニングや食事の知識・方法をご紹介すると共に、趣味のNBAについて主観的に語り、バスケのパフォーマンス向上に役立つ情報も提供する!!

筋トレでのHMBの効果は抜群!減量にも増量にも欠かせないサプリ

 
筋肉量が増えれば代謝が上がる。
体脂肪だけを減らして筋肉量の比率を高くすれば、それも代謝の上昇に繋がる。
代謝を上げるためには筋肉量の比率が高くなければならない。
 
メリハリボディやムキムキボディを目指すには、HMBの効果を活用したい。
 
今回は、HMBの効果と使い方についてお伝えする。

 

 

<HMBの効果とは>

最近、HMBというサプリを良く聞くようになったが、もはや、筋トレをしている人でHMBを使用していない人は少ないのではないか。
 
では、HMBとはどんなサプリなのだろうか、どのような効果があるのか。
 
HMBの主な2つの効果
①筋合成の促進
②筋分解の抑制
 
HMBの効果は、まさにこの2つに限る。
この2つの効果があるということは、筋力アップを目指す人にも減量で体脂肪を減らしていきたい人にも必要なサプリになる。
 
むしろ、この効果だけをみれば、筋トレをしていてHMBが必要ない人なんていないだろう。
 
なぜ、HMBにこのような効果があるのかというと、そもそもHMBとは、必須アミノ酸の一種であるロイシンの代謝産物だからである。
 
必須アミノ酸にはBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)と呼ばれる分岐鎖アミノ酸が含まれているが、この中のロイシンは、必須アミノ酸の中で最も筋合成を促す効果があると言われている。
 
このロイシンを摂取してそれが筋肉で代謝されていく過程でHMBが生成される。
 
ロイシン摂取→HMB生成
 
要するに、HMBが筋合成を促進してくれるので、結果的に、筋分解までも抑制することに繋がっているのだ。
 
だが、HMBが体内で生成される量は少なく、ロイシンから約5%程度しか生成されないようだ。
 
なので、筋合成を促進させる為には、ロイシンの摂取量を増やすよりも、HMBをサプリから摂取した方が断然効率的なのだ。
 
これによって、筋合成促進や筋分解抑制がされていく。
HMBは、筋合成による筋力アップや代謝上昇の為には不可欠な成分である。

 

 

 

<HMBが減量にも増量にも効果的な理由>

HMBが筋合成促進と筋分解抑制という2大効果を持っているのであれば、減量にでも増量にでも活用できる。
 
なぜなら、HMBをなるべく多く摂取すれば、筋肉量の維持や増量、筋力低下抑制や向上を期待できるからだ。
 
人の体が動くには、筋肉がないといけないからだ。
 
筋肉が衰えるスピードは早い。
久しぶりにスポーツや運動をして筋肉痛になることは、筋力低下を示している。
 
「昔はスポーツをしていたから筋肉はある方」と思っているならスポーツでもランニングでも良いので体を動かしてみて欲しい。
 
昔なら筋肉痛にならないようなことでも筋力の低下によって、筋肉痛が身体中を襲うだろう。
 
そんな筋肉量の低下や筋力の低下を防ぐ為にも、HMBを摂取し続けることをオススメしたい。
 
だが、HMBを食事から摂取するとなれば、肉100g程度に含まれるロイシン含有量は、大体1,600mgなので、そこから生成されるHMBは、たった80mgと効率的にはいかない。
 
食事からHMBを摂取しようとすればキリがない。
 
だから、HMBサプリを活用していくのだ。
 
HMBサプリでは、大体、1日分摂取することで、HMBが2,000mgも摂取できる。
 
肉から2,000mgのHMBを摂取しようとすると、2.5kg分程度の肉が必要になる。
プロテインで考えると、大体、22杯分相当に値する。
 
これを効率良くHMBサプリから摂取することができれば、筋合成促進と筋分解抑制効果を最大限に引き上げ、メリハリボディやムキムキボディなどに仕上げることにも繋がる。
 
減量・ダイエット時にはリバウンドのしない体作りや代謝の良い体作りが期待でき、増量時には、筋合成促進の観点から、筋肉量が増えやすいように働きかけてくれることも期待できる。
 
減量にも増量にも、目的とする理想の体の実現には必要不可欠なサプリとなり得るのが、HMBサプリなのだ。
 
また、筋トレ効果は、3ヶ月目以降から顕著に表れ、完全なる体質改善にも3,4ヶ月以上は必要という観点からも、HMBを3,4ヶ月以上は飲み続けることも同時にオススメする。
 
 

<減量時に欠かせないリバウンド防止アイテムであるHMB>

HMBが筋分解の抑制や筋合成を促進させるという効果があることはわかっただろうか。
 
筋分解を抑制して筋合成を促進させる効果があるのであれば、これを減量時にも活用しない手はない。
 
例えば、糖質制限によって減量を行えば、糖質の摂取がなくなるわけなので、何もしないと筋肉量がどんどん減ってしまう。
 
筋肉量の減少によって代謝が下がってしまえば、結局、体重が減少したとしても意味がなくなる。
 
なぜなら、筋肉量の減少によって体重が減少したダイエットだと、減量前よりも代謝が下がっている為、すぐにリバウンドしてしまうだけでなく、元の体重以上になってしまうだろうこともあり得る。
 
糖質制限で減量をしている場合、筋トレも両立して頑張らなければいけない。
そうでないと、筋肉量は減っていく一方だ。
 
また、毎日プロテインを飲み続けて筋肉を作る材料を取り入れることも筋肉量の減少を防ぐ為に重要だ。
 
糖質制限中は、筋肉量を維持することで精一杯で、筋肉量をいかに減らさないで体脂肪だけを減らしていけるか、ということが重要になる。
 
減量時に一度減った筋肉量は、取り戻すことはできない。
筋肉量を1kg,2kg程度増やすことは、1年以上筋トレをし続けていかなければ難しい。
 
それを考えると、減量で筋肉量を1kg以上減らしてしまえば、取り戻すのに相当な期間を要するので、なるべく筋肉量は減らしたくない。
 
なので、糖質制限を開始する際は、HMBも一緒に揃えて飲み続けたい。
HMBを使用していけば、筋分解を抑制してくれるので代謝が下がることはなくなるだろう。
 
むしろ、筋合成も促進してくれるので、糖質制限によって筋肉量が減るということを防げられる。
 
何もしないと筋分解が激しく起こってしまう減量時は、必ず、HMBなどから筋分解を抑制させて筋合成を促進していくことが、相当重要になる。

  

<筋トレ初心者も経験者も効果絶大なHMB>

筋合成を促進させることで筋分解を抑制していくHMBの驚くべき効果は、筋トレしているあらゆる人に嬉しい成分になる。
 
筋肉の損傷は、筋トレ経験者よりも初心者の方が大きい。
その為、初心者の筋トレによる筋分解は、酷くなる。
 
だが、初心者がHMBを摂取しながら筋トレを行えば、経験者よりも筋分解抑制効果が発揮され、すぐに筋力アップに繋げることができる。
 
このような理由からHMBは、初心者に効果抜群なのだ。
もちろん、初心者だけでなく、経験者にもやはりHMBは欠かせないサプリになる。
 
なぜなら、筋トレは、続けていく中で強度がどんどん上がっていくからだ。
筋トレの強度が上がるということは、より筋肉に重たい刺激が与えられるということなので、筋分解は、筋トレをし続ける限り起き続けていくもの。
 
だから、筋トレ経験者もさらなる筋力アップを目指す為には、HMBを活用するのがベストだろう。
 
HMBの摂取で、初心者も経験者も筋分解を防いで筋合成促進効果を活用していこう。

  

 

<減量や増量での食事制限による筋肉量の減少を防ぐ女性用HMB>

HMBの効果は、見た目や筋力向上、代謝アップなどには欠かせないものであるが、なんだかいかにも男性向けのようなものが多いと思われる人も少なくないだろう。
 
だが、HMBサプリで念願の女性用HMBサプリが誕生した。
それが、TVCMなどでも話題のカリスマクロスフィットトレーナーのAYA先生の監修の元、生み出された『BBB(トリプルビー)』というHMB&クレアチンサプリである。
 
これを活用すれば、女性らしい美しい身体を作ることが難しくなくなるだろう。
 
例えば、糖質制限でダイエットをしようと考えている場合、筋トレも同時に行わなければ、筋肉量まで減少し、体脂肪が蓄積されやすく、リバウンドしやすい体になる可能性が高い。
 
これを防ぐ為に、HMBの筋分解抑制効果と筋合成促進効果を活用し、筋肉の割合を増やして代謝を上げ、見た目の美しいメリハリボディを作っていきたい。
 
このような減量・ダイエット時にとても便利だ。
 
今なら7つの豪華特典が付いて、初回の1ヶ月分は、実質無料で使用することができるようだ。

   

<筋肉量の減少が老化の原因になる>

人間は、年齢を重ねていくに連れて筋肉量が減少していく。
日本人は、30代半ばから40代までにかけてが最も筋肉量のある時期となっているが、40代に入ると、男女共にどんどん筋肉量が減っていく。
 
何もしなければ、40代から70代の筋肉量は、男性だとおよそ10kg近く減少することもある。
女性でも5kg近く減少幅があるので、相当な勢いで筋肉量が減っていくことがわかるだろう。
 
前にも話したが、筋肉量を1kg,2kgと増やすとなると、1年以上かかることもある。
そう考えると、5kg,10kg減ってしまった筋肉量を元に戻すというのはかなり難しいことである。
 
筋肉自体は、何歳からでも向上していくことがわかっているので、筋トレをいつから始めようと、もう遅い。ということはない。
だが、早いうちから筋トレを始めることは重要だろう。
 
筋肉量が減っていくということは、結果的に老化に繋がってしまう。
 
なぜなら、筋肉量が減れば、歩くのも辛くなったり、何もないところで躓いたり、日常生活に様々な支障をきたすことになるからだ。
また、内臓機能の低下などにも繋がってしまい、体の中は、どんどん老化状態になっていく。
 
このような状態になれば、生活習慣病のリスクも高まり、様々な疾患を引き起こすことにも繋がりかねない。
 
特に、デクスワークでほとんど座りっぱなしという人は、活動量も全く増えていかないので、筋肉量の低下による老化が早まってしまう。
 
デクスワークなどの活動量の少ない人は、筋トレの頻度を普通の人より増やしていくことは必須だろう。
 
そして、筋分解を抑制させて、筋肉量を減少させないように必要な成分を摂取することが大切だ。
 
筋分解抑制効果、筋合成促進効果を持つHMBは、このような筋肉量の減少による老化を防ぐことにも繋がってくるので、筋トレしている人でもそうでない人でも、何歳からでも、HMBを活用していくべきだろう。