NBA FAN's-GYM

NBAについて主観的に語ると共に、ダイエット法もご紹介。(旧:NBA選手 ニュース)

太る時間帯と太らない時間帯を把握し、楽しく食事をしよう

f:id:zwki-178:20170816025401j:plain

<BMAL1(ビーマルワン)を理解し、体重をコントロール>

「こんな夜遅くに食べたら太る」、「おやつの時間だよ」など誰もが言われたことのあるセリフ。
「なんでだろう」と疑問に思った方もいるだろう。
 
これには、BMAL1(ビーマルワン)が関係している。
 
BMAL1とは、体内時計を調整する為に働く時計遺伝子のことをいう。
BMAL1は、タンパク質の一種であり、人間の生活リズムを維持する為に働くようになっている。
 
このBMAL1が増加すると、脂肪を分解してエネルギーにする働きを抑制し、脂肪合成を促進させてしまう。
また、血中のブドウ糖濃度を増加させる働きもある。
従って、BMAL1が増加している時間帯に食事をすれば、脂肪として蓄積される割合が多くなり、結果的に太ってしまう。
逆に、BMAL1が減少している時間帯での食事は、脂肪として蓄積される割合が少ないので太りにくい。
 
BMAL1が増加する時間帯は、陽が出ていない暗い時間帯。
最も多くなっている時間帯が22時2時の時間で、最も少なくなっている時間帯が14時15時あたり。
 
よって、太りやすくなる糖質の多い食べ物は、14時頃に取り入れるのがベスト。
夜は、21時までに食事を終わらせ、できることなら糖質も脂質も控えめにしたい。
 
減量を目的とするのであれば、低糖質な食事を行うのが簡単だ。
それと合わせて、夕食は、低脂質も意識していかなければならない。
また、食事量も抑制して満腹感が得られる程度まで食べないように注意が必要。
 
低糖質な食事をすれば、カロリー不足になりやすい。
さらに、夕食は、低糖質で低脂質な食事を心掛けていく為、カロリー摂取がほとんどできない。
1日の総カロリー摂取量が不足しない為には、朝食と昼食でちゃんとカロリーを多めに摂取していくことが大切だ。
 
BMAL1は、増量を目的とする方にとっても注意しないといけない遺伝子である。
増量時は、食事量を増やしていくが、夜のBMAL1が増加している時間帯にたくさん食事をとってしまえば、脂肪として蓄積される割合が多くなってしまう。
 
筋肉量よりも脂肪が増加してしまえば、増量成功とは言えない。ただ太っただけになってしまう。
それを避ける為に、BMAL1増加の時間帯である夜に、大量の食事を取らないよう気を付けたい。
 
 
まとめると、下記の通り。
 
・BMAL1は、体内時計遺伝子であり、タンパク質の一種である。
 
・BMAL1が増加すると、脂肪合成やブドウ糖の増加を促進させてしまう。
 
・BMAL1は、昼間に減少し、陽がない頃に増加する。
 
・BMAL1を考慮して、夕食は低糖質低脂質な食事を心掛ける。
 
・ボリュームある食事は、朝食と昼食に済ませる。
 
 
トレーニングは、健康維持や体型の変化、体力向上、生活習慣病のリスク軽減、姿勢改善などの効果があるが、食事も両立して行えられれば、減量も増量も可能だし、体質改善も出来るだろう。
 
BMAL1という体内時計遺伝子があるということは、覚えておいた方が良い。