NBA FAN's-GYM

減量・ダイエットなどのボディメイクを行う上でのトレーニングや食事の知識・方法をご紹介すると共に、趣味のNBAについて主観的に語り、バスケのパフォーマンス向上に役立つ情報も提供する!!

糖質制限中でも筋力向上などのバルクアップ中でも活躍するブロッコリーの効果とは!?

 
糖質制限ダイエットでは、筋肉量を減らさないことがリバウンド防止や代謝アップに繋がるが、それを実現する為に大切な野菜が存在する。
 
それが『ブロッコリー』である。
 
バルクアップ(増量)時にも効果的なブロッコリーは、身体作りにとって万能な野菜として知られている。
 
今回は、ブロッコリーが身体作りにどのような効果があるのかをお伝えしていく。
 

f:id:zwki-178:20181028234509j:plain

<糖質制限中でも必要なブロッコリーの効果とは>

糖質制限では、糖質の代わりに脂質がエネルギー源となって身体を動かしていくことになる。
そうすることで、筋肉量の減りが激しくなり、代謝が下がってくる可能性がある。
 
糖質制限中のダイエットで筋肉量を減らさない為には、筋肉量を減らさない工夫をしていかなければならない。
 
筋力向上や筋肉量の増加を目的とされる人も、当然、筋肉量の減少は避けたいし、むしろ、増やしていかなければならない。
 
最近だと、HMBが筋分解・筋合成に効果的と言われており、注目をされている。
筋トレやプロテインと併用して活用するのがベストだが、食材からもなるべく筋分解や筋合成を促進させていくことが大切だ。
 
ブロッコリーは、筋肉量の減少を防いだり、筋力向上や筋肉量の増加を助けてくれる食材としてオススメだ。
 
ブロッコリーの効果
・テストステロンの分泌を高める
・ビタミンCが豊富で身体を丈夫にする
 
主に、このような2つの効果が期待できるだろう。
 

<テストステロンの分泌を高める>

ブロッコリーには、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌を抑える効果がある。
 
女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を抑えることで、男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌を優位にすることができる。
 
要するに、ブロッコリーを食べることで、テストステロンの分泌を促し、筋肉量の維持をしやすくする効果が期待できるということだ。
 
これは、糖質制限中の筋肉量の低下を避ける為には嬉しい食材になるだろう。
それだけでなく、筋力向上や筋肉量の増加を目的とする人にとっても必要不可欠な食材になるのではないか。
 
テストステロンの分泌が優位な男性は、エストロゲンの分泌が優位な女性よりも筋肉が付きやすいとされている。
 
例えば、女性は、テストステロンの分泌が男性の5%程度。
つまり、男性の1/20程度しかテストステロンの分泌がされない。
 
そう考えれば、女性は男性と比べて20倍筋肉が付きにくいことになる。
 
なので、女性は、ブロッコリーを活用して筋肉量を低下させないようにエストロゲンの分泌を抑制して、テストステロンの分泌を優位にしていくことが重要になるだろう。
 
 

<ビタミンCが豊富で身体を丈夫にする>

ブロッコリーは、テストステロンの分泌を優位にする効果だけではなく、身体を丈夫にする効果もある。
 
なぜなら、ビタミンCが豊富だからだ。
ビタミンCの含有量では、レモンと同じくらいを誇っている程だ。
 
ビタミンCは、コラーゲンの生成や保持、抗酸化作用などの効果がある。
軟骨や腱などを強くする為には、ビタミンCが不可欠である。
 
また、お肉などに含まれる筋肉を作る材料であるタンパク質は、鉄分も豊富であり、ビタミンCは、鉄分の吸収をさせる為に必要な栄養素でもあるのだ。
 
なので、ビタミンCが豊富に含まれているブロッコリーは、骨や腱、関節などを丈夫にし、筋トレの効率を上げることに繋がる。
 
また、筋肉量を維持することにも繋がる。
 
そして、抗酸化作用という効果もあるので、美容効果にも繋がる。
 
ビタミンCの豊富なブロッコリーには、身体を丈夫にしてくれる様々な効果が期待できるだろう。
 

 

 

<糖質制限中でのブロッコリーの効果はあくまでも補助>

ブロッコリーには主に、テストステロンの分泌を優位にする効果とビタミンCにより、身体を丈夫にする効果がある。
 
しかし、ブロッコリーを食べていれば筋肉が付くわけでもない。
ブロッコリーの筋肉への効果は、あくまでも補助的な要素として考えたい。
 
糖質制限でのダイエットでは、基本は、筋トレによる筋力の向上や筋肉量の維持が重要。
 
あとは、目的に応じたサプリメントによる効果を軸としていくことも重要だ。
例えば、糖質制限でのダイエットであれば、糖質抑制サプリや脂肪燃焼サプリなど。
 
筋トレとサプリメントを軸にして、ブロッコリーは、食材から筋肉にアプローチをかけて代謝を良くしていく補助的なアイテムとして活用していくことをオススメする。
 
同時に、筋分解抑制や筋合成促進効果の高いHMBを活用していくと、筋力向上や代謝向上に繋がり、糖質制限のダイエットでは、リバウンドのしづらい体にすることができるだろう。
 
また、筋力向上によってメリハリボディを作ることもできるだろう。
 
詳しくは、下記ページから確認しよう!
BBB(トリプルビー)片手に写真を撮る女子も急増中! 

【B.B.B HMB & CREATINE48000】

・BBB(トリプルビー)の詳細→HMB 女性用
 

<増量中でも活躍するブロッコリーの使用方法>

ブロッコリーには、テストステロンの分泌を優位にする効果があるので、これはもちろん、バルクアップ(増量期)にも活用できるだろう。
 
筋肉質な人が、よくブロッコリーを食べているのは、このような理由がある。
また、ビタミンCが豊富なので、筋トレ効果もより効率良くしてくれる。
 
筋力が向上しやすく、筋肉量が増えやすくなることから、バルクアップ中もブロッコリーを食べることはオススメだろう。
 
ただ、やはりこちらも筋トレとサプリメントの活用を軸にして、食材からは、ブロッコリーなどを取り入れて、なるべくテストステロンの分泌を優位にすることと、ビタミンCを小まめに摂取することを意識していこう。
 
筋力向上やメリハリボディを効率良く作っていきたい人は、HMBサプリの活用をオススメする↓
 
詳しくは、下記ページから確認しよう!
BBB(トリプルビー)片手に写真を撮る女子も急増中! 
【B.B.B HMB & CREATINE48000】
・BBB(トリプルビー)の詳細→HMB 女性用