NBA FAN's-GYM

減量・ダイエットなどのボディメイクを行う上でのトレーニングや食事の知識・方法をご紹介すると共に、趣味のNBAについて主観的に語り、バスケのパフォーマンス向上に役立つ情報も提供する!!

腸内環境の改善が便秘解消や肌荒れをなくし、糖質制限ダイエットの成功のカギとなる

 
「最近、便秘気味かも」「糖質制限し始めてから便秘気味になった」
「体臭が気になる」「アンモニア臭がする」
食物繊維が不足すると、腸内が乱れて便秘や体臭にも影響が出てくる。
 
減量・ダイエットを行うに当たって、腸内環境は、最も優先的に改善したいところである。
 
今回は、腸内環境を改善し、便秘解消や体臭の改善など、減量・ダイエットのしやすい体作りをしていく為の方法をお伝えしていく。
 

f:id:zwki-178:20180405003721j:plain

<腸内の働きってなに?乱れってどういうこと?>

人間の体は、栄養を吸収する際、小腸で吸収をしていく。
必要なものを吸収すると、不要なものは、大腸で水分を吸収して便を作り、排泄される。
 
食べ物が吸収されるまでの流れとしては、この通り。
 
口→胃→小腸→大腸→肛門
 
要するに、腸内で栄養を吸収するまでは、いくら栄養を摂取しても人間の体には栄養素が取り込まれない。
 
腸内環境は、年齢を重ねていく毎に乱れていき、さらに、体脂肪の多い人などは、腸内環境が乱れている為、栄養の吸収がスムーズに行えずに便秘になったり、体臭までもが変化してしまうことがある。
 
腸内環境を整えていくことは、とても重要なことである。
 
では、「腸内環境が乱れている」とは、どういうことなのか。
 
腸内には、腸内細菌と呼ばれている菌が存在する。
善玉菌、悪玉菌、日和見菌だ。
 
悪玉菌よりも善玉菌の方が良さそうというのは、名前から分かるだろう。
日和見菌とは、善玉菌にも悪玉菌にもなれてしまう細菌である。
 
これら3つのバランスとして最も理想的なのが下記の通り。
善玉菌 悪玉菌 日和見菌
 2  1  7
 
 
このバランスを保ち、悪玉菌を増やさないようにする為には、細菌にエネルギーを与えてあげないといけない。
 
細菌のエネルギー源となるものが、食物繊維である。
 
なので、毎日の食事から食物繊維を摂取することが腸内環境を整えるカギになるのだ。
 

 

 

<食物繊維で腸内環境を改善>

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維という種類がある。
 
この2種類の理想的なバランスとしては、下記の通り。
水溶性食物繊維 不溶性食物繊維
   1    2
 
 
では、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違いとは何か。
 
【水溶性食物繊維】
水溶性食物繊維は、水に溶ける食物繊維である。
 
ペクチン、アルギン酸、グルコマンナンなどが水溶性に分類される。
海藻類などに多く含まれ、果物や野菜などにも含まれる。
 
水溶性食物繊維は、水分保持力が強く、水に溶けるジェルみたいにドロドロになる
この粘性が、糖質の吸収を緩やかにするので血糖値の上昇を防いでくれる。
 
また、余分な脂質があれば、吸着させて体外へ排出してくれる働きもあるので、脂質の吸収抑制ができるだろう。
 
 
【不溶性食物繊維】
不溶性食物繊維は、水に溶けない食物繊維である。
 
繊維質なものに多く含まれており、食品でいうと、野菜やキノコ類などがこれに当たる。
 
不溶性食物繊維は、腸で水分を吸収して大きな塊になり、腸を刺激していく。
これが蠕動運動となり、体内の不要なものなどを押し出しながら便通を促進してくれる。
 
よって、便秘解消になったり、デトックス効果にも繋がるだろう。
 
不溶性食物繊維は、満腹感も得られやすいので、そういう意味でも減量・ダイエット中に効果的かもしれない。
 

 

 

<糖質制限中では食物繊維が不足しがち>

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く摂取することが腸内環境を整える重要なポイントになるのだが、糖質制限を行うと、これらの食物繊維の摂取量が普段よりも減ってしまう。
 
これはなぜかというと、糖質制限では、ご飯などの炭水化物をも抜いてしまうからだ。
 
炭水化物とは、糖質+食物繊維のことをいう。
よって、糖質を抜いているが、食物繊維も抜けてしまっているのだ。
 
なので、普段、野菜などから食物繊維が摂取できている人でも、糖質制限を行う際は、さらに食物繊維の摂取量を増やす必要がある。
 
糖質制限で多い便秘は、この食物繊維の不足が大きな原因となるのだ。
 
糖質制限中は、1日3食は必ず食物繊維を摂取していきたい。
開始直後は、それ以上の食物繊維を摂取して腸内環境を早いうちに改善していくことが重要だろう。
 
腸内環境を整えていくことで、便秘解消や体臭改善、肌荒れなどの美容面の改善にも繋がるが、糖質制限では、普段よりも食物繊維を多めに摂取していかなければ、腸内環境を改善していくことは難しい。
 
食材から食物繊維を摂取するだけでは足りないだろうし、効率的ではない。
 
糖質制限中の食物繊維不足を補い、腸内環境を整えてくれる必需品として、難消化性デキストリンがある
 
 
これを糖質制限中に使用していくことで、減量・ダイエットに大きな効果をもたらしてくれるだろう。
 
水溶性食物繊維を摂取することで糖質や脂質の吸収を抑制でき、不溶性食物繊維を摂取することで、便秘解消やデトックス効果を発揮してくれる。
 
糖質制限では、食物繊維の摂取で腸内環境を整えることが成功のカギを握っているといっても過言ではない。

 

NBA選手のような筋肉を目指す人の為の、
一人で減量プログラムに挑戦する人の為の、
男らしい体、美しい体作りを目指す人の為の、
食事とトレーニングの知識やアイテムを大公開!!

 
 

本気で挑戦する人の為のアイテム記事

↓check!!

 


減量プログラムに関する知識情報記事

↓check!!