NBA FAN's-GYM

減量・ダイエットなどのボディメイクを行う上でのトレーニングや食事の知識・方法をご紹介すると共に、趣味のNBAについて主観的に語り、バスケのパフォーマンス向上に役立つ情報も提供する!!

糖質制限ダイエットが尿酸値を高める原因になる!?

 
糖質制限中に健康診断で尿酸値が高くなったという経験のある人はなかなか多くいるはずだ。
これって大丈夫なの?と心配する人もいるだろう。
 
今回は、糖質制限を行うことで尿酸値が高くなってしまったことについてお伝えしていく。
 
【目次】

f:id:zwki-178:20181118174945j:plain

<尿酸値上昇の原因とリスク>

糖質制限を行うと、尿酸値が高くなるという人が多くいるだろうが、尿酸値が上昇すれば、健康的には良いとは言えない。
 
だが、糖質制限での尿酸値の上昇は、不健康な証拠になるのかと言われると、そうでもない。
 
糖質制限での尿酸値の上昇は置いといて、まずは、尿酸値が上昇する原因とリスクについてお伝えしていこう。
 

<尿酸値とは>

そもそも、尿酸値とは一体何だろうか。
尿酸とは、簡単に言うと、プリン体が体内で分解された際にできる老廃物のことをいう。
 
普通の人の体内では、1日に0.6gの尿酸が作られるようで、この尿酸の産出が多くなったり、尿酸が排出しにくくなったりすると尿酸値が高くなったりする可能性が出てくるようだ。
 

<尿酸値が高くなるとどうなる!?>

尿酸値が高くなるということは、プリン体を分解して産出される尿酸が多くなっている場合や尿酸の排出が低下して体内に蓄積してしまうことで起きたりすることがあり、そうなると、痛風などを起こしてしまう可能性が出てくる。
 
尿酸値上昇による主な症状
・痛風
・腎障害
・高血圧
 
このような症状が代表的なものになるようだ。
痛風になると、運動や食事に制限が出たり、足に激痛が出たりして歩けなくなったりすることもあるようだ。
 

<尿酸値が高くなる原因とは>

尿酸値が高くなる原因としては、主に3つある。
 
尿酸値上昇の主な原因
・プリン体の過剰摂取
・アルコールの過剰摂取
・肥満
 
プリン体の過剰摂取で尿酸が多く産出されるので、それが原因で尿酸値が高くなる可能性がある。
アルコールの過剰摂取も同じように尿酸値が高くなる原因の一つ。
肥満も同様。
 
尿酸値の上昇により、痛風などになってしまえば、相当辛い思いをしなければならないので、アルコールの過剰摂取などは、なるべく、控えるようにしていきたい。
 
肥満であれば、すぐに糖質制限での減量をオススメする。

 

<糖質制限で尿酸値が高くなる原因とは>

糖質制限で尿酸値が高くなる原因は、どのようなものが考えられるのだろうか。
 
糖質制限中に尿酸値が上昇する主な原因
・高タンパクな食材にプリン体が多く含まれる為。
・激しい運動(筋トレ)を行う為。
 
単純にこの2点が尿酸値上昇の主な原因になっているのだろう。
 
糖質制限を行う場合、糖質を抑えていくが、タンパク質は、食事のメインとして多く摂取していくことになる。
 
糖質を抑えてタンパク質をメインの食事になれば、鶏肉や魚介類などのプリン体の多い食材を多く取ることになる。
 
それと同時に、筋トレなどの激しい運動を行わなければ、筋肉量だけが減っていき、代謝が下がって脂肪燃焼しにくく、リバウンドしやすい体になってしまう為、普段よりも激しい運動(筋トレ)を行う。
なので、その分、尿酸の産出が多くなる。
 
プリン体の多い食材を取る機会が多くなり、激しい筋トレなどの運動機会も増えるということから、糖質制限中に尿酸値が上昇することが多くなるのだ。
 

 

 

<糖質制限で尿酸値を抑える方法>

糖質制限中には尿酸値が高くなることは、避けられないが、尿酸値をなるべく抑制していく方法は、存在する。
 
尿酸値を抑制する方法
・水分補給。
・アルコールを控える。
 
水分は、ノンカフェインのもので小まめに補給することが大切だ。
 
水分を補給することで尿酸を蓄積させることがなくなり、老廃物を排出することができる。
 
また、アルコールを控えることでもプリン体の摂取が抑えられたり、尿酸の産出を多くすることを抑えられるようになるので、アルコールを控えることは、尿酸値を抑制させることに繋がるだろう。
 
糖質制限中は、水分補給を小まめに行うことと、アルコールを控えることを意識して尿酸値をなるべく抑制しながらダイエットを行えるようにしていきたい。
 
このノンカフェインでの水分補給とアルコールを控えるという方法は、糖質制限でのダイエットにおいても必要なことで、これが出来なければ、良い結果を最短でというのは難しい。
 
なので、糖質制限ダイエットを行う人は、どちらにしても水分補給とアルコールを控えるということは、守っていかなければならないだろう。
 

 

 

<糖質制限での尿酸値の上昇は問題ない>

糖質制限ダイエットでの尿酸値の上昇の原因をお伝えしたが、糖質制限での尿酸値の上昇は、一時的なものなので、特に、問題はないだろう。
 
健康診断などで尿酸値の値が高くなっている場合は、事前に糖質制限を行なっているとお医者様にお伝えしていれば問題ない。
 
むしろ、肥満な状態を放っておいた方が、尿酸値の上昇のリスクを高め、痛風や腎障害などのリスクを高めてしまうので、肥満判定を受けた人は、すぐにでも糖質制限ダイエットなどで体型の改善を行うべきである。
 
糖質制限を行う際に、元々、痛風の人などの場合は、注意が必要だ。
 
痛風などであれば、事前にお医者様に相談してから糖質制限を始めるべきだろう。
 
肥満な人、アルコールの摂取量が多い人、体型を改善したいと思っている人、減量・ダイエットをしたいと思っている人は、糖質制限でのダイエットをすぐにオススメしたい。